介護の仕事

介護施設でセンサーを設置しすぎることの危険性

高齢者の転倒などを防止するなどの目的で使用されるセンサーですが、集団生活下で設置数が多くなると安全から遠ざかる危険性があることを知っていますか?
今回は安全の為のセンサー設置がなぜ逆に危険になってしまうのか書き綴ります。

施設でよく使用されるセンサー

  • ベッド内臓センサー

ベッドで横になっているときの身体の動き(起き上がろうとする動き)を感知してナースコールが鳴るというセンサー。利用者さんが起き上がってベッドから歩き出す前に職員が介入するために使用されることが多いです。

  • マットセンサー

床に敷いてマット上を踏んだりして重さが加わると作動するナースコールと連動しているタイプと座面に敷いて立ち上がるなどマットにかかる重さがなくなった時に作動する電池式のコンパクトなタイプがあります。どちらもベッド内臓センサー同様転倒してしまう方が歩き出してしまう前に職員が介入する為に使用されます。

センサーを使用しているから大丈夫という考えは勘違い

基本的にベッド内臓センサーやマットセンサーはナースコールと連動しています。例えば、

  • 歩行が不安定で介助が必要なのにベッドから起き上がってすぐ歩き出して転倒の危険がある利用者さんがいたとします。

この方個人のことだけを考えると、起き上がりを感知したらすぐにセンサーが反応する設定にしますよね。でも特養の集団生活下ではほかにも利用者さんがいて、同じように転倒リスクのある利用者さんが何名かいるでしょう。夜勤中など配置人数の少ない時間やワンオペであれば、同時にセンサーが反応したとき、すごく焦ると思います。

すぐに反応するように設定するデメリット

動きがあってすぐセンサーが反応する設定にすれば利用者さんが歩き出す前に職員が駆けつけることができる可能性が高まりますが、その反面、寝返りなど起き上がりじゃない動作でもセンサーが反応してしまうこともあるんです。
歩行に介助が必要で転倒の危険のある利用者さんが3人いたとして、同時にセンサーが作動したとします。1人目と2人目のセンサーが反応して駆けつけたら寝返りでセンサーが反応しただけだったけど、3人目は実際に起き上がって歩き出していたどころか既に転倒していた、なんてこともありますよね。実際に私が経験したケースです・・・。ピッチも順番に受信するのでどうしても2番目以降のナースコールやセンサー作動は反応が遅れてしまうのがシステム上の難点なのです。

転倒リスクがあるからセンサーを付けるという安直な設置をしていると、介入が間に合わないという事態を招きかねないのです。

本当にそのセンサー設定であっているのか

センサーが過度に反応しすぎずに転倒を防げる環境設定にすることがセンサーを検討した際の課題かと思います。
例えば・・・

  • 反応しても寝返りばかりなら設定を変えてみる
  • 起き上がるけど歩き出しはしない方にはベッド内臓センサーからマットセンサーにする

このように介入の要らないセンサー作動を少なくする工夫がセンサーを検討する上でものすごく重要になってきます。

最後に

高齢になると身体能力が落ちやすく、ちょっとした転倒で大怪我になることもあります。ただ上記のように安全を意識しすぎると逆に危険になります。施設では集団生活下ですので、センサー設置が最適なのか、設置するとすればどんな設定が最適か、モニタリングしながら臨機応変に対応していく必要があります。

センサーの反応頻度を減らして転倒を防ぐためにセンサーの種類を変えたり、センサー以外のものを使用するということをぜひ考えてみてください。

転倒はどんなに気を付けていても起こりえる事故です。転倒を防ぐことだけに拘らず、転倒事故が起きても適切な対応ができれば問題ありません。転倒を100%防ごうとするのは無理な話ですし、そこに力を注ぐのは神経も使いますし労力の無駄です。